link rel="icon" href="http://www.hk-arrow.co.jp/_p/acre/27350/documents/favicon.ico.ico"

矢崎エナジーシステム株式会社 総合販売サービス指定店

本社:〒950-0855 新潟県新潟市東区江南1-9-1  高崎営業所:〒370-0852 群馬県高崎市中居町1-8-5

お気軽にお問合せ・ご相談ください

025-286-1424

受付時間:平日8:30~17:30 
(土日、祝日を除く)

2024年問題 対策

ここでは時間管理における2024年問題を
デジタルタコグラフを用いた活用方法をご紹介します。

2024年問題とは

最近テレビで話題となる「物流業界の2024年問題」

働き方改革関連法によって「時間外労働時間の上限規制」が2024年4月1日より適用されます。

主な規制内容は次の通りです。

 ◇時間外労働は年960時間(休日労働は含まない)

また、2023年4月1日からは月60時間を超える時間外労働の割増賃金率が50%になりました。

法律が変われば、そのルールに従い管理が必要となります。
下図に運輸業(自動車運転業務に限る)における時間管理の関連図をまとめました。
「改善基準告示」と「勤怠管理(実労働時間)」の2つのそれぞれの時間管理が必要となります。

運転日報やチャート紙から情報を抽出して、集計するには膨大な時間を要します。
面倒な集計処理はデジタルタコグラフを活用したIT化で自動処理するに限ります。

それでは、デジタルタコグラフを用いた時間管理とは?必要なデジタコの構成、
勤怠システムの運用方法をご紹介いたします。

 

運輸業 時間管理の関連図

※自動車運転の業務(乗務員)に限る

管理に必要なデジタコ機器構成

デジタコ単体での運用では出庫~帰庫までの走行・停止時間の把握ができます。
ただし、停止の状態についてはデジタコでは自動判断できません。
停止中の作業・休憩の判断は乗務員さんの申告が必要になります。

そこで、停止中の状態を乗務員さんに申告(登録)いただくために、「作業登録スイッチ」または「ハンディテンキー」をデジタコに接続することで停止中の状態が把握できます。

作業登録スイッチ
デジタコ対応機種:全機種

運行中の車両状態の登録
作業・休憩・待機の各時間の記録

ハンディテンキー
デジタコ対応機種:DTG5・DTG7

運行中の車両状態の登録
作業・休憩・待機の各時間の記録
数値入力(数量・重量・各種コード等)
給油量・有料代等入力

デジタコ連動の勤怠システム

デジタコに作業登録機器を接続すれば運行中の時間取得の準備は万全です。
次にデジタコで取得したデータを処理するソフトウェア(勤怠システム)が必要です。

デジタコ連動の勤怠システムはクラウドタイプまたは
オンプレミスタイプ(事務所完結タイプ)と運用タイプを選択できます。

デジタコ連動の勤怠システムではデジタコデータから作成した運転日報から
休憩時間を自動算出し、実労働時間を導きます。
また、就業規則で定められたルールに基づき、残業時間・深夜時間・休出時間など
勤怠管理に必要な時間を自動算出します。

手計算で行うと多大な時間、労力を必要としますがデジタコデータとシステムを
活用すると事務作業の省力化が実現できます。

 ※勤怠システムはオプションシステムです

デジタコシステムと勤怠システムの機能概要
クラウドタイプ 構成例
オンプレミスタイプ 構成例

デジタコ連動 勤怠システムの特徴

「勤怠システム」とインターネットで検索すると数多くの種類が販売されています。
勤怠システムの多くは「朝出社~夕方退社」の一般的な勤務体系を主に処理することだけを目的にしています。
しかし、デジタコデータを処理する機能かつ運輸業の
勤務体系を処理できる勤怠システムは限られます。

それだけ専門性に特化した機能の高い勤怠システムで
あるがゆえ、自信をもってお勧めします。

その勤怠システムの特徴の一部をご紹介します。

  • 運転日報データから勤怠データを作成
  • 様々な運行形態に対応(単日・複数運行・長距離・同乗者運行etc)
  • 24時間超運行の自動分割処理対応
  • 日跨ぎ(24:00を超える)勤怠データにも対応
  • 時間外労働の進捗管理
  • 給与システムと連携するための外部出力機能

出退社管理にも対応できます

デジタコデータを活用した勤怠データは出庫~入庫(帰庫)の時間をもとに作成されます。
しかし、実際は出庫する前から労働を開始したり、入庫後作業を行ったりするケースが発生するとデジタコデータでは労働時間が不足するケースも考えられます。

そこで、出退社の打刻システムとの連携を行うとより正確な労働時間の把握、
ひいては全従業員の一元管理を実現できます。

出退社時刻の取得方法は点呼時刻(アルコール測定時刻)・タブレット・スマホ
生体認証システム等、種類は豊富にありますが、運用する
システムや構成によって
使用できる機器は制限されます。

出退社処理とデジタコデータの関係

さいごに

2024年問題の時間管理における対策はデジタコを活用したシステムに
お任せしてみてはいかがでしょうか。

事務作業の大幅な効率化・日々の労働時間の進捗管理・全従業員の勤怠管理など
導入効果は絶大です。

デジタコをご導入のお客様、これからデジタコをご検討のお客様、
2024年問題に向けて、様々な課題・不安をお持ちとは思いますが
時間管理についてのご相談は弊社にお任せください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。
ぜひご一読ください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
025-286-1424

   受付時間:平日8:30~17:30
        (土日・祝日を除く)